失うことは悪いことじゃないよ。きっと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「得ようと思ったら、まず与えなければならない。」
そりゃそうだ。
そのとおりだ。

だけどほとんどの人が得ることばかりを考えている。
今まで得てきたものに、さらに得られると信じている。

そうじゃない。

人間が持っているものは一定の器のようなもので、
それは変わらないんだと思う。
だから何かが入ってきたら、必ず何かが出ていっている。
入っているものはわかりやすいけれど、
出て行っているものは分かりにくいし、気が付きにくい。

入っているものと出て行っているもの。
得ようと思うことと与える(=捨てること)。

これはとても似ている事柄のように思う。

与えたり、捨てたりというのは損をするように思うけれど、
それは違うってことだ。
新しい何かが入ってきたり、得られたりする予兆のようなものだ。
だから怖くはないんだ。

大きく何かを得ようと思ったら、
大きく何かを捨てるか与えたりしないと出来ないんだろうね。

変化を望まずに得ようとするなんて、
やっぱりありえないわな。
宝くじに当たったらなんて考える人もいるだろうけど、
当たったら当たったらで、失うものも相当ある。

それに気がつかない人がおおいんだろうね。

失ったり、与えたりすることは悪いことじゃない。
ずっと同じってないんだろうね。
器の大きさなんて関係ない。
絶えず変化し続けることが大事だってことだよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*