光となる技術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都大学の山中伸弥教授が、
ips細胞作製でノーベル賞の医学生理学賞を受賞しましたね。
素晴らしいですね。
この基礎研究の成果で現在治療が困難な難病が治る日が、
1日も早く来ることを願います。
しかしすごいですね。
治療の考え方が大きく変わることなんでしょうね。
劇的に新薬や新しい治療方法が出てくるかもしれません。
また多くの難病の解明も進むことでしょうね。
自分が生きている間に、
癌が治る日が来るかもしれません。

それと同時にクローンなどに関する、
倫理と制度問題もあり、
こちらは早くガイドラインを設ける必要あります。
いずれにしてもものすごい技術ができて、
それが評価されたことは素晴らしいことです。
多くの人の光となる技術ですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*