コンプレックスとどう向き合うか

コンプレックスくらい誰でもひとつくらいはあると思うのですが、
強烈なコンプレックスというとどうでしょうか?
そのために人生を切り開けないとか、
それがあるからそれをバネに乗り越えようとしている人だとか。

そもそもコンプレックスってどういう意味なんでしょう?
調べてみると心理学用語で難しく書いてありますが、
一番しっくり来るのは「劣等感」でしょうか。
「自分の一番嫌いなところ」という意味で、
私たちは普段コンプレックスという言葉を使っているようです。

自分のすべてが大好きという人はさておき、
どこかしら人間というのは人を羨んだりして、
そうできないまたは、
そうではない自分に対してコンプレックスを抱いていると思います。

きっとどんな人でも思う感情なのですね。
人を羨んだりしてもいいけれど、
そこでとどまっていても仕方がないです。
求めている人や姿や状態にはならないかもしれませんが、
近づく努力を面倒臭がらずに続けていくことが、
なによりも大切なのでしょうね。

コンプレックスというとマイナスイメージのようですが、
それとどう向きあうかでその人の存在が変わるのではないでしょうか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です