四国讃岐から土佐へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨夜東広島まで移動し、ビジネスホテルで一泊。

今日は快晴の中、こんぴらさんに向けて出発。
途中渋滞もなくスムースに移動し倉敷から瀬戸大橋へ。
f:id:tegecat:20110923090930j:image

独身の頃バイクで渡ったきりだけど、この橋は凄いの一言。
人間の英知って凄いよね。

それから善通寺で降りて、こんぴらさんへ。
ここは子供の頃来たっきり。
なんかやたらきつかった思い出があるばかりで、それ以外はなにも覚えていないんですけどね。

おもむきのあるお土産屋筋を抜け、いよいよ参道へ。
f:id:tegecat:20110923104741j:image

行きは気合いもあって難無く登れましたが、帰りはちょっと膝に来ちゃいました。
f:id:tegecat:20110923111926j:image
しかし本堂からの眺望は最高でしたよ。
ここからまだ奥の院があるのですが、
今回は遠慮しました。

参拝も無事終わりいよいよおまちかねの讃岐うどんを食べに。
香川出身の友人に教えてもらって大釜うどんというお店へ。
no title
f:id:tegecat:20110923131329j:image
お店の外観はこんな感じ。

f:id:tegecat:20110923132232j:image
手書き風の看板がなんとも素敵です(笑)

最初セルフの注文方法がわからなかったんですが、他の人を見ながらなんとか釜あげうどんを注文。
f:id:tegecat:20110923130040j:image

味は辛めのつゆに、もっちもちの麺の相性が最高。
調子にのって大盛を注文したものだから満腹に。大満足でした。

さぁ今夜の宿泊地の高知県津野町にある「森の巣箱」に向けて出発。
学ぶ・体験・交流 | 観光情報 | 津野町
rakurakuhp.net
f:id:tegecat:20110923165712j:image
平成15年に始まった、
ここは廃校を利用した宿泊施設の提供や、
床鍋地区を交流拠点とすることを目的とした
村おこしのモデルケースです。

f:id:tegecat:20110923170931j:image
昔は学校なので廊下も学校の雰囲気そのまんま。

食事を自炊すれば素泊まりで3150円と格安です。
夜はコミュニティールームが、
地元の方々のサロンとなっているので、
地域交流ということで参加。
f:id:tegecat:20110923194412j:image

やっぱり土佐の方々は本当にお酒が強くしてやられましたorz

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*