怒りはエネルギーだ

ちかごろ国民の生活が一番なんてウソっぽいことをいうおじさんが、よくテレビに出ていますが、どうなんでしょ?

言ったことに対して責任を取らないでよければ、誰にだってできることです。

記者クラブ主催の合同記者会見でも、
「国民の生活が一番なんて当たり前のこと」だと質問する記者から、言われていましたっけ。
談合集団の記者クラブの中でこんなこと言われてしまうなんて、このおじさんも力を失いつつあるのかもしれませんね。
第一、該当演説会だって投票権を持っていない多くの国民の前で、何を言っても始まらないでしょうにね。
聴衆者も「誰々さんのほうが安心感がある」とか「誰々さんはどうだとか」など感想を言っていましたが、言ってきたこととやってきたことを振り返ると、次に何をしそうかなんてわかりそうなのもです。
こんなことは自民党時代から何にも変わっていやしません。

衆議院選挙の結果は管さんの行動ではなく、鳩山前首相の言動とそれを作ってきた前幹事長である小沢さんに対しての「No」という国民の意思の現われだったと思います。
その結果を踏まえるならば小沢さんは出馬すべきではないでしょうにね。
またそういう人を党を二分するくらいの国会議員が押すというのもおかしいですよね。今日本の状況を考えると2週間も政治空白が生まれることが、どういうことを意味するのかわかっているのでしょうか?

主張している大義名分と行われている事がずれているんです。それをきちんと見切れていないわれわれにも責任があると思いますし、批判すらできないマスコミも無責任すぎます。

ほんとに2週間も責任ある政治という職責を果たさない方々にも、次の国会から行動と態度と責任を示して欲しいものです。

ここのところ疲れて何も考えることができなかったですが、近頃の政治家やマスコミの態度を見るにつけ、怒りを覚えてしまいました。
怒りはあんまり良くない感情に思われがちですが、自分を奮い立たせるには良い特効薬のようです。
ちょいとやる気が沸いてきました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です