声が大きいといいもんかね?

仕事をすごく急かす人っていますよね。
自分のことばっかり言って、
相手の仕事がどんなに込んでいたってお構いなし。
そういう人に限って値切ってきたりするんですよね。

普段ならそういう人の仕事は後回しにすると考えるのですが、
不思議なもので、なぜかやってしまうんですよね。

これいつも不思議に思うのですが、
なぜだかやってしまう。
それで本当は最優先でやらなければならない仕事や、
クライアントがあまり強く言わない人、
時間がかかる仕事なんかが後回しになっていくんですよね。
すごく矛盾しているんですが、
近頃そうなっています。

僕が頼むほうだったら、
そんなに無理強いはできないけれど、
やっぱり先に頼んでおいて後回しにされるのは嫌だし、
怒っちゃうかなぁ~。

ほんとうに怖い人って感情で怒る人よりも、
何にも言わないでスッっといなくなる人。
こういう人は怖いし、後で応えますよね。

やっぱり仕事の順番ってあると思うだけど、
なかなか順番通りにはうまく運ばないみたいです。
やっぱり声が大きくてずうずうしい人が
一番得するのかなぁ。

それが嫌で勤めを辞めたのに結局同じことやっているんだ~。
「ノーと言える勇気」っていうのも時には必要なんだろうね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です