ClamWinPortableを使う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お客様の閉ざされたネットワークに、
どうやらウイルスが入った模様でClamWinPortableを使って検閲しました。
ClamWinPortableは以前、
はてなダイアリー
で書きました。
こちらのサイトからダウンロードします。
ClamWin Portable | PortableApps.com – Portable software for USB, portable and cloud drives
以前は、日本語パッチがあったのですが、
今回はバージョンがあがったのか、
以前のものをあててもだめでした。
それで、次回英語版でも迷わず使えるように書き記しておきます。

  1. まずはじめに定義ファイルをおとします。

f:id:tegecat:20090828202612p:image
印のところのボタンを押して最新の定義ファイルにアップロードする。

  1. 定義ファイルのダウンロード中

f:id:tegecat:20090828202134p:image
サーバーがしょぼいのか時間がかかるときがあります。
しかしフリーソフトなので文句は言えません。
ほんとうにありがたいことです。

  1. 感染ファイルの処理

f:id:tegecat:20090828202132p:image
感染したファイルを処理するには、
メニュー→設定(prefarence)を選んで、
感染ファイル処理(Infectde Files)の項目の
2番目の削除(Remove)か、
3番目の隔離フォルダに移動する(Move To Quarantine Folder)を選びます。
※隔離フォルダを選んだ場合は、
フォルダまでのパスを選択しなおしてください。

  1. メモリー上とディスク上をチェックする

ボタン列のメモリー上のスキャンとディスク上のスキャンをかけます。

意外と閉ざされたネットワークでも外部からのメディアを入れることにより、
簡単に感染してしまいますし、
気づかない恐ろしさもありますので、
注意が必要ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*