テラステーションのデータバックアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やっとこさUPSも入荷して万全の体制を整いつつありますが、先日バックアップの設定をしていた事務所のテラステーション(TS-HTGLF02)のコントロールパネルを見るとエラーの表示がでていました。

色々とやってみたのですが、結局USB接続してある外付けHDのフォーマットが標準のNTFSではだめなようで、一度テラステーションからフォーマットしてやるとうまくいきました。
フォーマット形式がXFS,EXT3,FAT32の3種類しかないので、パソコンに直接つなぐことも考慮してFAT32でフォーマット。
外付けのHD(I-O DATA RHD-EX/UX)が1.5Tと大容量なので、FAT32の最大ボリュームを調べてみると2.0TまでOKなのでよかったです。
(しかしものすごい大容量になりましたね。隔世の感がします。)

コントロールパネルからバックアップの設定をして実行すると今度はうまくいきました。
コピー時間が結構かかりそうです。
BUFFALOのものは差分のコピーもあるので、次回からは短時間ですみそうですが、データのバックアップって本当に大切です。
みなさんもこれを機会にバックアップをされてみてはいかがですか?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*