それって誰のためのサービスなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

料理屋さんが料理で商売するのは会社の為だけじゃなくって、お客さんが美味しいって喜んでくれる部分が目的の一部だと思う。
サービスってそれを使ってくれる人が便利だったり、喜んでくれるからことサービスとして成り立っているんだと思う。
ところが、料理屋さんがそのお店を運営している会社の偉いさんのために料理を作ったらどうだろう?
お客さんがまずくても、会社の偉いさんが「いいじゃないか」って言えばよくなってしまう。
お客さんが居心地が悪くても、偉いさんが好きな絵を持ってきて「いいだろう!」って掛けてしまえば、不似合いでもその絵はかかってしまう。
もっと元を正せば、社長がお客さんのほうを見ないで自分の見栄でお店を出してしまったら誰もお客さんのほうを見なくなってしまう。

そんな店すぐつぶれてしまうと思うんだけど、けっこう潰れないんだよね。
売上上げるのどうすればいいですか?
なんて聞かれても、
お客さんを喜ばせること考えればってしか思いつかないよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*