スキカルでラクラク

突然ですが、
実は私、散髪が大嫌いなんです。

正確に言うと散髪に行くために床屋へ行くのが大嫌い。

お店もコロコロ変えるのが面倒だから、
子供の頃から普通の理容店って3件しか行ったことがありません。
近頃は1000円カットなる便利なものができ、
実際に利用してみると安いのも良いのですが、
時間がかからなくてよい。
仕上がりに関しては、
担当さんにうまく伝えられず良い時もあれば、
全くダメなときもありそれなりなのですが、
まぁ、それは1000円ですから、
ご愛嬌で済ませられる気楽さがあってしばらく利用しておりました。

ところが近頃、
うざったい髪の毛を気にしながら床屋へ行こうにもその時間がもったいない。

それでいっそ坊主頭にでもしようかと厨房の頃、
悪さをするたんびに刈られていたスキカルを思い出し、
アマゾンで見てみると、
なんと5000円そこそこで出ているじゃないですか!

しかもアタッチメントもいろんな種類が出ていて、
いろいろなカットも思い通りに仕上がると、
夢のようなことが書いてありました。

こりゃ、嫁にカットさせれば、
「めんどうな床屋通いも行かなくて住むな」と安直な妄想にかられて、
ポチッとやってしまいました。

で届いたのがこれ。
f:id:tegecat:20110917102234j:image
なんと素敵なことにテクニックBOOKなる教則本もついていました。
中を見ると今まで1000円カットのお兄ちゃんに、
なかなか伝えられなかった理想の髪型の刈り方がそこに。
これで鬼に金棒。

もうこれで煩わしい床屋通いともおさらばと思ったはずでしたが、
出来上がった私の髪型はちょっと違ったものに。

いいんです。いいんです。
だんだんと上手になっていけば。
カットを済ませた妻の目は、
申し訳なさ半分と一部深く刈り込んだ頭の一部分に、
薄ら笑いと共に向けられていました。

次は理想のナイスミドルに刈ってくださいよ。
よろしくお願いします奥様!!

この記事を書いた人

tegecat

Webや動画の製作、PCに関することを仕事にしています。また、トレイルランニングや野菜づくり、料理なども楽しんでいます。