ラジオで面白い!と大絶賛だったので、
映画「この世界の片隅に」を見てきました。

見終わった後の感想は、正直「?」な感じでした。

何でしょうね?
面白くなかったわけじゃないんですが、
なんというか期待していたものと違った感じがして、
ギャップを埋めるのに時間がかかったというか…。

僕が思っていた内容は、
日常と非日常の差を戦争を通して対比させ、
当たり前に過ごしている日常とは素晴らしいのだ!というような映画かと思っていました。

が、違うんですよね〜。

で、絶賛している人達は何がそんなに面白かったのか?
などなど考えてみましたが今でも全然わかりません

ただ感じたのは、
戦後の私たちからすると、
勝手に戦前は日常で、
戦中は非日常だと思いがちだけれど、
その時に生きていた人達にとっては、
ずっと日常だったんじゃないかということでした。

時代の逆から物語を見るのではなく、
主人公すずの目線で「今」を見ていくと、
わからなかった点が少し理解できるような気がしました。

物語の理解はさておき、
原作者のこうの史代さんの絵のタッチが素晴らしいです。
それにコトリンゴさんの音楽。
主人公すず役の「のん(能年玲奈)」の演技、
作画の精密さ。
どれをとっても最高でした。

まだまだ公開されている劇場が少ないですが、
機会があれば是非みることをおすすめします。
映画を見終わったときの感じ方が人それぞれで、
いろんな感じ方があるのだなと思うと思います。

この世界の片隅に公式サイト