アンパンマンの日に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日曜日の朝、素敵な本を紹介してくれる番組があります。
その番組はメロディアスライブラリー

昨日紹介された本はやなせたかし氏の「やさしいライオン」

実はこの本私持っています。
内容は親子の絆を描いた優しい気持ちになる絵本です。
その番組の中でやなせさんの人柄を紹介した部分があり、
番組中にアンパンマンのマーチがかかりました。
すると3年前のテレビを見るのが辛くなった時に、
ラジオから流れたアンパンマンのマーチのことを思い出しました。

何の為に生まれて 何をして生きるのか
答えられないなんて そんなのは嫌だ!

それまで子供向けのアニメくらいにしか思わなかったのに、
心の奥深くに届いた言葉でした。

明日は防災の日。
東北大震災から3年目を迎えます。
でも僕にとってはアンパンマンの日と呼びたい。
人を思いやり家族や友人の存在の大切さをあらためて知る日。
傷つきつきながらも勇気を持って前に進むことを確認する日。
そんな日だと思っています。
ただ、アンパンマンのマーチが流れたからといっただけで、
どうして震災とアンパンマンが繋がるの?って思われるかもしれませんが、
理由などどうでもよいのです。
理屈じゃないのだと思います。
もっと時間が経って、
やなせたかしさんが伝えたかったこと、
思いなどが理解できるようになってから判ればいい。

もっと知りたいと思ってやなせさんに関係する本を2冊買いました。

僕は何の当事者でもないし、苦しんでもないけれど、
人として決して忘れてはいけないことを決して忘れないように、
アンパンマンの日にゆっくりと読もうと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*