人に対して怒っているということは間違っているのだということ

時々誰かに対してイライラして怒ってしまうことがあります。
特に私はうまく行かなくなるとその傾向があります。
そしてその後大きく後悔します。

それは家族に対してもそうで、
(家族にしたらたまったもんじゃない!)
その後で謝るのですが、そこで終っていたんです。

ところがこの話をある人にしたところ、
目からウロコが剥がれる思いがしました。
その方いわく、
誰かに対して怒っている時は、
「自分が間違っている」と思えばいいと。
人に対して怒っても両者ともにいい気持ちはしないし、
何も問題は解決しない。
それはつまり怒ることが間違っているからだと。

自分が間違っているなんて発想が無かったので、
(もちろんわかっているのですけどね←これも怪しいかな?)
ハッとしました。

今までいろいろな人に「短気は損気」とか、
似たような事を言われてきましたが、
今の気持ちにピタッと来た言葉でした。
すぐに出来るもんではありませんが、
怒って自分や周りを不快にするよりもいいですものね。

怒ることは間違っている!
うん、そうだ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です