美意の按配(びいのあんばい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、「過去と他人は変えられないが、自分と未来は変えられる」について書いたけど、
それについて検索してみたら、
美意の按配(びいのあんばい)というお話を見つけました。

美意の按配(びいのあんばい)とは、

ある国の王様が、信頼している家来と一緒に虎狩りに行きました。
山深く奥へと行くと、死んでいる虎を発見します。ところがその虎は死んではなく、寝ているだけでした。油断して近づいた時に、王様は虎から小指をかじられてしまいました。

王様が怒って、家来に『お前がいて、どうしてこんなことが起こるんだ』って言うと、
家来は『それは”美意の按配”です。全ては決まっているのです。今は不幸に思われるかもしれませんが、これがあるからこそ、後に役に立つことがあります』と答えました。
しかし王様は激怒して家来を牢に入れてしまいました。

怪我も癒え元気になった王様は、また虎狩りに今度は一人で行ってしまいます。
しかし今度は原住民に捕まってしまい、神への生贄にされることになりました。
王様は体をきれいに洗われ、まさに生贄にされようとした時、小指が欠けてることが分かり不浄だということで解き放たれました。

帰国して牢屋に入っている家来に、『これが美意の按配ということか?』と尋ねると、家来は『そうです、王様。これが美意の按配ということです。あなたが私と一緒に狩りに行っていたら、私は生贄にされたことでしょう。王様はあの時虎に指をかじられ私を投獄したからこそ、王様も私も今生きています。』と答えました。

というお話。
ねっ、いいお話でしょう。

もしかしたら全ての出来事は天によって決められていて、どんな経験も先々で役に立つのだとしたら、悲観せずに大切に生きようと思えませんか?

どれだけ辛く嫌なことがあったとしても、受け入れ正しく生きればきっとその経験が役に立つかもしれません。
だったらくよくよせずに今を生きたほうが良いですよね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*