Windows8のデスクトップ画面ってインターフェース変えすぎ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お客様の所で初めてWindows8と遭遇。
スタート画面は見たこと会ったけど使い方なんてわかりません。
それでもなんとか使わないとけないから、
検索しながらなんとかかんとかやってみる。

とにかく今までの環境に近い状態で使いたかったので、
Windowsキーを押してみるとデスクトップに近い画面に。

それでインターネットエクスプローラーをクリックしてみると、
IE9がたちあがあげる。
それでホームページや、お気に入りやなんやと設定して、
もう一度デスクトップ画面に戻ってインターネットのボタンをクリックしてみる。
同じアプリが立ち上がるとおもいきや、
今度はインターネットエクスプローラー10が立ち上がってしまった。
(バージョンが違うことを知ったのは帰って調べてから。)

インターフェースが違い、
どこに何のボタンがあるのかさえわからない状態。
とりあえず宿題にさせてくださいとお願いしてから、
そそくさと帰って来ました。

今までの入力デバイスをマウスとキーボードのパソコンと、
指でタッチするタブレット型と混在にして、
インターフェースを無理やり同じにするのは無理だろう!
これ触って思ったけど、
Microsoftはコケるね。
Vistaなんてもんじゃない。
ひょっとすると、
このリリースでデスクトップPCの分野でも大きく遅れたかもしれないな。

早くOpenOfficeがきちんと使えるようにならないかな?
そしたらオフィスに依存しなくても良くなるのにね。
それにしてもユーザーは慣れるのに時間がかかるのだから、
あんなに変えちゃあまずいでしょ。

わかってるのかなぁ〜。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*