問題が起きることは案外正しいものだ

何かをしようとした時に必ず壁に当たります。
そういう時に「○○さえ無ければ(あれば)うまくいくのに」とよく考えがちですが、
そういうのは問題解決にはならないですよね。

そんな事わかっているんだけど、
ついつい思っちゃう。
もし○○がなくなっちゃったとしても、
また同じような□□が出てくるもんです。

で解決方法はというと周りではなくって
自分自身で乗り越えるしかない。
アイデアが無ければ同じような案件を探してアレンジしてみるとか、
時間がなければ優先順位を決めて確実に行うとか、
何かしらの手がかりってあるものだと思います。

そういうふうに考えるようになったのは、
独立してからなのですが、
問題を周りにおいても誰も解決してくれないし、
よりひどい状況になっちゃうと気づいたからなんです(笑)。
結局自分に帰ってきてしまいます。

仕事を続けていこうとすれば問題のなくなる時ってこないと思います。
もしそういう時が来る時があれば、
組織が何にもチャレンジしなくなった時でしょうから、
その組織自体が危ない時と思わなければいけない。
問題が次々に起こることは結構しんどいもんですが、
積極的に生きていこうとすると
案外正しいことなのかもしれません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です