sataドライバーの未サポートwindowsをインスト方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お客さんからWindows XPのPCが欲しいといわれ、手持ちにSP-1以前のアップグレード版があったので、これをインストすることに。
しかしこれが苦労しました。
今のHDってほとんどがSATAなんですよね。で、SP-2(SP-2でも未サポートがあるようですが‥)以前のバージョンはSATAのドライバが入っていないんです。なので、インストールしようとすると途中で止まるんです。
どうやらAHCIというドライバが入っていなかったのが原因のようです。
ブルースクリーンでWindows XPのインストールが停止する時の対処方法 – なべか掲示板代用ブログ

で、いろいろ調べたらインストール途中でf6キーを打って、ドライバーを組み込むとよいとありましたので、intelのサイトで調べてドライバを落として入れてみたらどういうわけだか読まずにまたブルースクリーン。

次に考えたのが、nliteを使って最初にドライバをインストCDに組み込んでやる方法。
結果はやっぱり同じ結果になり、またまたブルースクリーンに。
どうやら落としたドライバが違ったようでした。
ためしに別のWinXPのSP-2の単体のディスクからインストールしてみると、何事もなくプロダクトキー入力画面まで行きます。(そのままインスト出来たら楽勝なのに、キーを持っていないからしょうがありませんね)
そこで思いついたのが、SP-2のディスクからはインスト画面まで進むのだから、nliteでSP-2を統合しちゃったらドライバも入るんじゃないかと思い、やってみたら見事成功。ただしSP-2を入れたらCDに入りきらなさそうだったので、DVDで作ることにしました。

nliteは前から興味があったので、勉強になりました。けっこう便利に使えそうです。
参考サイト
Memo or Diary, etc. SATAのHDDにWindows XPをゼロからインストールする その1
楽天が運営するポータルサイト : 【インフォシーク】Infoseek
STOP: 0x0000007E – 鳥頭の巣

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*