仕事の価格って難しい

いよいよバンクーバー冬季五輪が始まりましたね。
今日は女子モーグルの上村選手に注目が集まりましたが、
残念ながらメダルには届きませんでしたが、
ものすごいプレッシャーの中だったと思います。

これから開催期間中楽しみたいと思います。
さて、先週出張だったこともあり、
やっとこの週末、少し落ち着いてサイトのチェックなどできました。
その中に気になっているブログがありました。
お探しのページが見つかりませんでした:日経BP社
そうなんです。
仕事の値段の決め方って、
永遠のテーマなんですよね。
よそはどうなんだろ?
いくらで出しているんだろう?
と気になるところです。

細かいところはリンク先を読んでいただくとして、
やっぱり工数で見積もりをだすんですね。

書かれている内容は基本的なことを書かれていましたが、

  • つまりその仕事を行うにあたって一日の単価をどうやって決めるのか?
  • 仕事の内容が何日で終わるのかが妥当なのか。

またそれをきちんとクライアントに説明できるか。

結局それに尽きるのとおもうのですが、
なかなか答えはでません。
難しいですね。

この記事を書いた人

tegecat

Webや動画の製作、PCに関することを仕事にしています。また、トレイルランニングや野菜づくり、料理なども楽しんでいます。